rococoro

rocoのこころのうちのお話。

愛ある寝かしつけ8*育児できない環境が整っている……

ある意味で準備はっている。

それは“育児に向いていない環境”。

 

今の子育てをしている年代~というところに焦点を合わせていくとしよう。

 私もずっぽり当てはまっているので、私の年代の話になるが

 

ある意味乱世だと思う。

多方面に興味の出る思春期に、携帯電話が普及し始めた。

(……の、前にポケベルもあったが)

最初のメールは、本体に付いている高さ2センチ×横3サンチ程の白黒画面に

カタカナでちょっとした要件を『イマカエル』や、『コレカラ、シュッパツシマス』とか

ひと言を送ることができたくらいだったが

その2~3年後には、カラー画面、液晶付き、カメラ付き……

 

今はガラパゴスなん付けられてしまっているが、破竹の勢いであった。

 

進化は進化で受け入れられるし、興味が先だって

次々に訳も分からない位の競争で、様々なプラン、割引が出来たりした。

私たちはいいように表せば柔軟だ。

 

しかし『便利』というのはろしい。

人々の感覚を麻痺させる。

 

高度成長期の日本と同じ。なりふり構わず、顧客のニーズに合わせて儲けていく。

 

 

私が高校生の時から恐れていたのがこの”出会い系” ”チェーンメール”……

 

『感覚・道徳の麻痺』ってやつだ。

 

曽祖父母は戦争を経験して、裕福になって

祖父母は、バブルで貯蓄がすごいもんだ。

 

この人たちは「イイヨイイヨ」と常套句を持ち合わせる魔物のような存在な気がしてならない。

 

さしあたって、私の祖父母とは同居でもないし

ドのつくケチだった為

甘やかされることはほとんどなかったのだが……

 

なんでもOK妖怪は、裕福を分け与えてくれた。

 

しかし、OK妖怪と私たちの間……親の世代。

今60歳ほどになる人間は、バブル崩壊を味わい

社会のストレスを痛いほど味わい、そのストレスの発散と新しいビジネスは……

あちらのほうへ向かったのではないかな。

 

『道徳の崩壊』

 

私の友人はおやじ狩りとまではいかないが、羽振りの良いおやじをキープしていた。

高校生せやれヴィト〇だ、フェン〇ィだ。。。

 

無知で、甘やかされた思春期の子供と、実直に生きていたが途中でネジが抜けた大人が

お互いの利益を求め始めたのだ。

 

ここで問題なのは大人の理知と、子供の無知というところ。

私利私欲の理知で満たされる欲望。

無知が為に創られた命。

無知が為に諦めた命。

 

勿論上の話は一例に過ぎない。

けれど私は思うんです。

高度成長をしなければいけなかったのは、私たち親の世代の教育に対する考えなのではないかなって。

 

他の動物が自然と学んでいる育児を、人間が出来ないなんて。。。

違う。

この国の人間は育児を学ばされていないんだ