rococoro

rocoのこころのうちのお話。

小1の壁2

 

次の日の朝、せん君は待ち合わせより少し遅く出発✊。

別にこれは普通かなと思う。しろこ、こういう所はあまり気になりません。

 

せん君は本当にお兄さんらしくて良い子なの。

たまの失言はあるかもしれないけど、だってまだ2年生だもん‼️全然d(^_^o)

むしろ、一緒に行ってくれてるだけで大助かり✌️

 

さ、家を出て一番危ないとされる交差点

 

おや⁉️

 

おや⁉️

 

おや⁉️

 

思ってたんと違う‼️‼️😱

 

 

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書)

(006)本当は怖い小学一年生 (ポプラ新書)

 
小学生のヒミツ(1) (講談社コミックスなかよし)

小学生のヒミツ(1) (講談社コミックスなかよし)

 

 

 

いや、そうだよね。私が浅はかだったよ。だってせん君はまだ2年生なんだもん。

女子の2年生だったら話は別かも知れないけど

男の子の2年生なんだよね、、、

 

うちのいち君、そこの交差点からひとりで歩いてる😭

 

せん君は、他の仲のいい同じ学年の友達を見つけると

ダラダラ〜っと、その子達と歩いてしまってて

そこに新参者のいち君が入れるわけがなく

 

いち君が、せん君を気遣いながら歩いて行く姿に

母、胸が締め付けられた囧rz

 

ただでさえ環境もガラリと変わって、身長なんてまだ110センチ無いのに

背丈に合わないランドセル🎒の重みに耐えながら

他の子を気遣う余裕なんて無いはずなのに、、、

 

無理してたんだな、、、( i _ i )

 

せん君、出発が遅いから他の1年生は殆ど見うけない。

ということは、ほぼほぼひとり登校していたという事だよね。

 

早生まれで、数週間前まで5歳だったのに。

 

いち君の理想としていた新1年生の登校は、和気藹々1年生同士でムカデ競争みたく行けると思っていたんだと思う。👫👫👫

 そうでなくとも、上級生に守られて。

 

それか皆無状況だった事に、きっと、愕然としただろうに。

 

幼稚園では、年下の子や同じ組のお友達を全力で守ったりしていたいち君。

「なんで、上級生は俺を守ってくれないの?」って気持ちだったんじゃないかな。

 

訳も分からぬまま、数日流れ、一気に恐怖が押し寄せてきた。(´;ω;`)こん感じかな❓

 

これを解消させる為に、考えたこと

 

 

  1.  家からすぐ出た所に、仲のいい新1年生がいないか?
  2. ひとりで図太く登校出来ないか?
  3. 一緒に半分くらい歩いて行けば、その後ひとりで行けないか?

           ⬇︎    ⬇︎     ⬇︎    ⬇︎

 

1→仲のいい子は居ない (道が違う)

2→行けない(論外)

3→大泣き(論外)

 

 

 

 さあ、どうしましょう_:(´ཀ`」 ∠):